BOSSオゾン機器の特徴のページ、 E2系あさま 37キロバイト

BOSSオゾン機器の特長

弊社オゾン発生機は日常の生活環境と同じ環境に設置可能です。

   ●大気中の原料空気を吸着剤(合成ゼオライト)を用い、PSA方式(プレッシャー・スイング・アドゾブション)によって加圧

    ・減圧を繰り返し、まず空気中から高濃度の「酸素ガス」を製造します。

   ●その高濃度酸素ガスをオゾナイザー(空冷円筒型・無声放電方式)により、オゾンガス化させます。

   ●当社のオゾン発生機はすべてのこの酸素発生器(PSA方式)を搭載しています。

   ●空気をそのまま原料とするオゾン発生器に比べ、ガス化の際発生する窒素酸化物(Noxガス)を皆無に近づけた安全

    設計の環境に優し い製品です。

   ●各種機器は、コンプレッサー・吸着槽・バッファタンク・オゾナイザー・電磁弁類及び制御基盤・制御機器類により構成さ

    れています。

   

  特  長

   ●高濃度酸素ガス生成及びオゾンガス生成は、全自動で行われ、操作は簡単です。

   ●高濃度酸素生成部・オゾンガス生成部を一体化した省スペースのコンパクト設計です。

   ●操作パネル面で、常に装置の動作状態が確認できます。

   ●高圧ガス取締法、第2種圧力容器の摘要範囲外です。

   ●静かな作動音でスイッチ入れるだけで数分後からオゾンガスが供給されます。遠隔リモート信号による運転/停止も可

    能です。

   ●高濃度酸素ガス用エアーコンプレッサーは、高寿命・低騒音タイプを採用しています。除湿した水分は、装置内部で処理

    されますので、 水抜きやドレン配管は不要です。

   ●常にエアーコンプレッサーの異常を検出する安全回路を内蔵していますので、万一異常が発生しても、自動的に停止し

    ますので、安全 安心です。

   ●温度管理も万全で、装置内部が60℃になると、安全回路が働き自動停止します。

   ●オゾンガス吐出は、24時間プログラムタイマーによるリモート運転で行われ操作は不要です。

   ●オゾンガス発生量調整器によりオゾン濃度のコントロールが可能です。

   ●オゾン水生成装置接続の場合も、水の流れを感知しての全自動運転です。

   ●オゾンガス・オゾン水の同時使用の場合、液相優先となる安全設計です。



お問い合わせ・資料請求はこちらで承ります。

お気軽にお申し込み下さい。

BOSSオゾン機器代理店募集中!!


オゾンってなに?ページへ戻る

トップページへ戻る