化学的酸素要求量(COD)の看板の画像です。40キロバイト
オゾンガス発生装置・必要オゾン量選定の目安

「室内」、「冷蔵庫」、「厨房」、「食品加工場」等の「脱臭・殺菌」をするための、
オゾンガス濃度は、条件によりさまざまですが、一般的には

●人のいる室内又は作業場  0.05ppm以下        (H:1.8m)
●無人時(夜間等)       0.5〜1.5〜3.0ppm   (H:0.5m)  を目安にします。

プレハブ冷蔵庫の場合は、0.5ppmの濃度で充分と思われます。

この条件の下で選定し、目安とします。

1.設定
(a)対象室内の      容積 【         m³ 】  ‥‥‥‥‥V
(b)対象室内の      室温 【         ℃ 】  ‥‥‥‥‥T
(C)オゾン      設定濃度 【        ppm 】  ‥‥‥‥‥P
(d)基本条件           オゾン分子量  48
                   1モルの容積 22.4L(0℃ 1気圧)

2.気体の占める容積Xは、温度Tでは

計算式―1 【Z   L】=22.4×273℃+【T    ℃
                      273℃*(絶対温度)

質量濃度(mg/m³)と容量濃度(ppm)との間には、T( )℃1気圧においては

計算式―2 【G   mg/m³】 = 【P    ppm】 × 48(分子量
                                       Z
これは、1m³のスペースに 【G    mg/m³】のオゾンを設定すれば 
P ppmになる。という事ですが、実際にはオゾンの半減期、空気の換気回数、
空調、処理物との反応スピード等がある為、システム設計上安全率をとります。
(脱臭のみ2〜3倍up〜殺菌メイン10倍)

【G   mg】×【V   mg】×【3(設計安全率)】 = 【   mg/H】

●必要オゾン発生能力 (mg/H÷1000=g) ‥‥‥‥‥= 【     g/H】
           
                  上記の能力に見合う機種を選定します。

同時に必要吐出オゾンエアー量(L/min)を調査し、
希釈ブースターポンプの設定を行います。

チューリップの画像です。水平線代わりに挿入しています54キロバイト


食品工場における紫外線殺菌

食品工場の冷蔵庫・製造工程と包装工程の上部空間は、
紫外線によって殺菌されている場合が多くあります。

上部空間の微生物を殺菌するためには、次の式で必要灯数を算出します。

N=0.05V/HF

  N:必要灯数
  V:対象の部屋容積(立米m³)
  H:灯具と天井の距離(m)
  F:器具係数(1.5 15w吊下げ型)  になります。

例)
     V=部屋容積       150m³
     H=灯具と天井の距離   1m
     F=器具係数         1.5  とした場合、

(0.05×150=7.5)÷(1×1.5)=  となります。

つまり150m³の部屋では上部空間の殺菌に
紫外線灯具 15Wが5灯必要ということになります。 



お問い合わせ・資料請求はお気軽に


オゾンってなに?ページへ戻る

トップページへ戻る