BOSSオゾン機器代理店募集中!!

HACCPってなに
(財団法人 日本食品衛生協会 による情報です)

サルモネラ菌シャーレ22キロバイト

「HACCP」(ハセップ)とは

Hazard  Analysis  ritical  ontorol  oint (Inspection system)
の略称で
「危害(危険)分析・重要(必須)管理点監視方式」と訳されています。

危害とは、食品と共に口から入った時、おなかをこわしたり、熱をだしたりする原因となる
ものを言います。

HACCPは、現在考えられる最も合理的な食品衛生管理法です。

◆ もともと安全な食品をつくる為の衛生管理の方法ですが、
  その考え方は、おいしさ、みかけ、色合い、等を良くする為にも応用できます。

◆ 日常の衛生管理を機械的に行う事により、菌の汚染や増殖を防止して
  食中毒などの食品による事故を予防します。

◆ HACCPプランは、経験や勘でなく、科学的にうらづけられた情報や
  データにより作成します。


HACCPのメリット

◆ つくられる食品の安全性が向上するため、他社との競争力が強化されます。

◆ 製造加工中及び最終製品の廃棄といった食品のムダが減少します。

◆ HACCPの導入には、全従業員の協力が必要であるため、組織全体の

  意識が一体化されます。
◆ 科学的に裏づけられたデータに基づくため、安定した安全な製品の製造が可能
   となります。

◆ 衛生管理の状態が記録に残されているため、製品の安全性が保証され、PL法
  (製造物責任法)にも容易に対応できます。

◆ HACCPは継続させなければ意味がありません。継続させることによって
  食品の安全性が持続し、いっそう向上します。

◆ 原材料から最終製品に至る一連の工程がが管理の対象となり、特に重要な工程 
  (重要管理点監視:CCPという)を、誰にでもできるような方法でチェック
  することにより、安全な製品の製造が可能となります

◆ 衛生管理マニュアルは、時宜により見直しを行い、安全な食品をつくります。

◆ 衛生管理を行う手順は誰にも判るように、マニュアルにまとめておきます。

◆ マニュアルに従って実行したことは必ず記録に残します。


お問い合わせ・資料請求はお気軽に。


オゾンってなに?ページへ戻る

トップページへ戻る