オゾンによる効率的脱臭

オゾンを利用した脱臭技術は古くから知られ、郊外集落や団地の下水処理場、し尿処理場などの臭気対策に
利用されてきた。
これらの施設では最近は、脱臭以外の環境ホルモン除去対策用にも6-10mg/L混入されるようになった。
さらにオゾンの酸化力、酸化特性から低濃度臭気にも活躍の場が広がっている。最近ではTOTOによる
トイレのメンテナンスフリー脱臭により多くの方がその恩恵に浴している。

タバコ臭・化粧品臭・人間の体臭・動物の糞尿臭のオゾンと自然衰退との比較表です。23キロバイト

従来の各種脱臭方式

別項「悪臭防止法とは」に詳しく記載されているが、昭和47年悪臭公害の主な物質として、アンモニア、
メチルメルカプタン、硫化水素、硫化ルチル、トリメチルアミンが指定された。(現在は22物質)
これらの悪臭対策として種々の脱臭装置が開発、実用化され個々の悪臭条件に効果的な方式を選定している。

脱臭方式 長所 短所
1. 土壌脱臭 安価・安全性 効果小・保守管理難
2. 活性炭脱臭 安全性 寿命短
3. 薬液洗浄 粉塵除去・高濃度対応 薬液必要・廃液管理費
4. 生物脱臭 安全性 活性炭必要・安定性小
5. 乾式オゾン脱臭 効果大 触媒必要・アンモニア不能
6. 湿式オゾン脱臭 効果大 噴霧水必要・ノズル管理

最近のオゾン脱臭方法

オゾン脱臭システムとして各種のシステムが利用されている。

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
乾式オゾン室内脱臭システム(微量オゾン直吹きシステム)
乾式オゾン反応チャンバシステム
湿式オゾン反応チャンバシステム
オゾン分解・脱臭触媒システム
オゾン・臭気接触促進システム
水洗+オゾン+オゾン分解剤システム
オゾン+アルカリ洗+酸洗+活性炭システム
アルカリ洗+オゾン+オゾン分解脱臭触媒システム
乾式オゾンクン蒸システム
湿式オゾンクン蒸システム

オゾン脱臭システム事例

1.
2.
3.
4.
5.


工場排水処理場
食品工場
し尿処理場
団地等集落排水処理場
その他 (ホテル、病院、老人ホーム等の施設・汚泥処理場・ゴミ処理場・機械工場・畜産関連
      下水処理場・パチンコ店・焼肉店・各種製造工場の排ガス処理・生ゴミ処理機・
      堆肥センター等)

              参考 サンユー書房「オゾン利用浄化技術の実際」  


お問い合わせ・資料請求はこちらで承ります。

お気軽にお申し込み下さい。

オゾンってなに?ページへ戻る

BOSSオゾン機器代理店募集中!!

トップページへ戻る