オゾンとBOSSについてのQ&A

BOSSオゾン機器代理店募集中!!



竜安寺23キロバイト
Q1  オゾンとは何ですか?

  A  オゾン(OZONE)は、ギリシャ語のOzein(におう)からきたもので、紀元前からその存在が知られていました。オゾンO³は酸素O²に似

     た気体で、何かに触れると瞬時に分解反応を示し酸素に戻り、そのとき強力な酸素力で脱臭と殺菌の作用を行います。従って残留性

     がなく環境に優しい気体です。

Q2  オゾンはどのようにして出来るのですか?

  A  オゾンは酸素を原料にして作られます。方式は大別して3つあります。

     1.無声放電方式     高電圧をかけた発生体に酸素を流して生成します。

     2.紫外線ランプ方式   空気が紫外線の波長184.9nmによって酸素O²がオゾンO³に変わりますが高濃度のオゾンは出来ません。

     3.純水の電気分解    H2Oを電気分解するとO³が出来ます。H2も出来ます。

Q3  どんな所で使われているのですか?

  A  1880年代にドイツのジーメンス社によって工業用オゾン機が開発され、商業用は1890年初期に登場して以来欧米では飲料水の浄化

     プラントで塩素に代わって使われており、日本でも浄水場、プール、食品工場、水産加工業と広い分野で利用されています。スーパー

     マーケットのバックヤード(食品加工作業所)では脱臭と環境改善、殺菌に活躍しております。

      最近では一般家庭でのトイレ用小型脱臭器が数多く利用されています。

Q4   オゾンは危険なものですか?

   A  オゾンの高濃度気体を長時間呼吸すると有害です。低濃度のオゾンは私たちが生活する空気中にも存在しています。また森林浴中

      や海岸で時には0.5ppm、落雷時には1ppm程度のオゾンが大気中に発生することがあるといわれています。海抜6万フィート〜9万

      フィートでは10〜20ppmのオゾン層が地球を取り囲み、太陽から出る紫外線の16分の15を吸収して地上の生物の生存を可能にして

      いますが、このため低成層圏を飛ぶジェット機の機内には多いときで1.2ppm程度のオゾンが存在することがあると言われていますか

      ら、低濃度のオゾンであれば何ら危険はありません。

Q5   濃度は法律で決められていますか?

   A  オゾンは大気汚染防止法で定める汚染物質ではないため、オゾン排出に関する法的な規制は一切ありません。しかしわが国の作業

      環境基準では大気中(水中ではない)の濃度を0.1ppm以下と定めています。米国でも0.1ppmとなっています。

Q6   オゾン水とは何ですか?
  
   A  オゾンが水に溶解している状態の水をいいます。殺菌力を持つと同時に臭いの分子をほとんど瞬時に酸化分解する脱臭力がありま

      す。

      厨房や食品流通工場では通常0.3ppm〜1.2ppmの濃度の範囲で使用されます。

       最近では医学にも応用され、歯科医、外科医等の傷口消毒から、手指・器具等の消毒殺菌にも広く利用されるようになりました。

Q7  これまでオゾン水は普及していましたか?

   A  水にオゾンを溶解させる技術、溶けずに排出される排オゾン処理の技術、原料である酸素を生成する装置の技術

      が、大型の機械装置(酸素PSA)では大手企業で使用していましたが、小型の装置では大変高価な設備機器とな

      るためあまり見られませんでした。当社のBOSSシリーズ「YS−2000GM]は壁掛式も可能というが画期的な小型

      素発生装置を開発しました。これも酸素PSAの小型化の技術が成し得た結果です。この機種を中心に最近では、

      広く食品関連産業を中心に普及し始めております。


Q8  なぜ酸素PSAが必要なのですか?

   A  空気をそのまま原料にしてオゾンを発生させると、空気に含まれる4/5の窒素が窒素酸化物(NO)としてオゾン

      と同時に発生します。このNOはクルマの排気ガスで有名な有害物質ですが、このNOは分解せずいつまでも浮

      遊する環境汚染物質でもあります。水(湿気)と反応し硝酸ともなります。今までのオゾン発生装置の中には、この

      空気原料方式が多いためいろいろなトラブルを起こしています。

      当社のオゾン発生機は酸素PSA装置を標準装備しており、環境汚染防止の為にも酸素発生PSA装置は不可欠

      です。今後のオゾン発生装置はこの酸素PSA搭載が主流に成ります。


Q9  BOSS〔YS-2000GM〕とは何ですか?

   A   食品工場作業室のために開発されたオゾン水の生成装置です。

      昼間は水道水の蛇口からオゾン水を供給し、夜間は自動的にオゾンガスに切り替えて、冷蔵庫や作業場を脱臭、

      殺菌し、環境を改善するための装置です。

      小型壁掛式で使いやすいため、広く食品工業に使用されております。

      工事も簡単ですので低コストで導入できるのみならず、これまでにあった夜間しか稼動しないオゾン機とは異なり

      24時間連続運転可能の機械ですから投資効率が格段に高いのが特徴です。

Q10  中毒菌O−157やサルモネラにも効きますか?

   A    勿論です。当社BOSSシリーズを使用し「日本食品分析センター」に、大腸菌・黄色ブドウ球菌・サルモネラ・緑膿

       菌・腸炎ビブリオ菌・O-157・枯草菌・MRSA等の殺菌効果試験を実施しましたが、全て生菌数0でした。

       しかもオゾン処理による副生成物もない。

       この辺りが、全国の生協やスーパーマーケットで評価され導入されている所以と言えます
O-157殺菌作用例8キロバイト
上段 「作用前」  「大腸菌 O157・H7」



下段 「15秒作用後」  「30秒作用後」



説明 生菌数測定平板の一例[試験水1ml当り、大腸菌O157・H7]

Q11  オゾンを使う場合、注意することは何ですか?

   A    オゾンは使い方次第で人にとって害にもなります。一般的には人の居る時間帯はオゾンガスは最低限の使用

       (脱臭用0.1ppm以内短時間)とし、殺菌用にはオゾン水の使用がベストです。高濃度のオゾン水を長時間使用

       するときは、換気装置を付け直接遊離オゾンを吸わないようにして下さい。また配管材や排水系統の部材は耐

       オゾン性の物を使用して下さい。  

お問い合わせ・資料請求はお気軽に


オゾンってなに?ページへ戻る

トップページへ戻る